/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/03/25 10:54

本土株:上海総合は0.4%安で続落、上海B株は0.2%安 無料記事

 25日の本土マーケットは値下がり。日本時間の午前10時34分現在、主要指標の上海総合指数は前日比12.26ポイント(0.36%)安の3354.80ポイントと3日続落している。外貨建てB株相場もさえない。上海B株指数が0.49ポイント(0.20%)安の240.66ポイント、深センB株指数が0.26ポイント(0.02%)安の1102.90ポイントで推移している。
 米中関係の悪化が警戒される流れ。米証券取引委員会(SEC)は24日、米国の規制・監査基準を満たさない外国企業を米市場から締め出す規制の導入に着手したことを明らかにした。中国企業を標的にしたとみられている。もっとも、下値は限定的。このところの下落基調を受け、自律反発狙いの買いも散見される。
 主要銘柄の値下がり率は、彩虹顕示器件(600707/SH)が5.6%、海通証券(600837/SH)が3.1%、中国旅遊集団中免(601888/SH)が1.9%、隆基緑能科技(601012/SH)が1.6%、三一重工(600031/SH)が1.5%、宝山鋼鉄(600019/SH)が1.4%、貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が1.3%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース