/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/01/14 10:38

反発、ハンセンは124ポイント高 無料記事

ハンセン指数      28359.32  +123.72 +0.44%
中国本土株指数(旧H株指数) 11258.71 +73.81 +0.66%
レッドチップ指数 3996.08  +32.31 +0.82%

 14日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が反発している。中国ハイテク大手を巡る不透明感がやや後退。米メディアは13日、「トランプ米政権は中国のハイテク大手3社を投資禁止対象となるブラックリストに追加する方針を撤回した」と複数関係者の話として報じた。昨夜の米株市場では、阿里巴巴集団HD(アリババ・グループ・ホールディング:9988/HK)のADRが4.3%高と急伸。この日の香港市場でも3.3%高と上昇して推移している。
 ただ、全体としては上値が重い。昨年12月の中国貿易統計が取引時間中に公表されることもあり、様子見ムードも漂っている。
 ほか、主要銘柄の値上がり率は、騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が3.4%、美団(メイトゥアン:3690/HK)が2.9%、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が2.6%、中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)が2.3%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース