/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/05/27 10:55

本土株:上海総合は0.2%安で4日ぶり反落、上海B株も0.2%安 無料記事

 27日の本土マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標の上海総合指数が前日比8.63ポイント(0.24%)安の3584.73ポイントと4日ぶりに反落している。
 売り圧力が意識される流れ。上海総合指数は前日まで急ピッチに上昇し、足もとでは約3カ月ぶりの高値水準を回復していた。もっとも、下値は限定的。域外マネーの流入加速が期待されている。
 主要銘柄の値下がり率は、万華化学集団(600309/SH)が2.2%、長城汽車(601633/SH)が2.0%、山西杏花村フェン酒(600809/SH)が1.8%、招商銀行(600036/SH)が1.6%、三一重工(600031/SH)が1.3%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.43ポイント(0.17%)安の250.08ポイント、深センB株指数が1.80ポイント(0.16%)高の1156.82ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース