/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/11/22 10:59

本土株:上海総合は0.2%高で続伸、上海B株は0.3%高 無料記事

 週明け22日の本土マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標の上海総合指数が前営業日比7.77ポイント(0.22%)高の3568.14ポイントと続伸している。
 前週末の好地合いを継ぎ流れ。中国景気の先行き不安がくすぶる中、当局が経済対策を強めるとの期待が広がっている。国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いていることもプラス。国家衛生健康委員会の発表によれば、先週末3日間(18〜20日)に確認された新規の市中感染者は15人にとどまっている。
 主要銘柄の値上がり率は、中国核能電力(601985/SH)が2.9%、陝西媒業(601225/SH)が2.7%、長城汽車(601633/SH)が2.3%、江蘇恒瑞医薬(600276/SH)が1.7%、貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が1.6%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.69ポイント(0.25%)高の281.38ポイント、深センB株指数が1.27ポイント(0.11%)高の1165.78ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース