/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/01/04 10:46

反発、ハンセンは103ポイント高 無料記事

ハンセン指数          23377.48 +102.73 +0.44%
中国本土株指数(旧H株指数) 8217.47 +28.71  +0.35%
レッドチップ指数        3930.09 +7.22 +0.18%

 4日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が反発している。中国景気の持ち直しが改めて意識される流れ。昨年末に公表された12月の中国製造業PMI(国家統計局などが集計)は50.3となり、市場予想(50.0)に反し、11月(50.1)から上昇している。また、昨夜の米市場で、主要指標のNYダウが史上最高値を更新したことも相場を後押しした。
 個別では、電池・自動車メーカーの比亜迪(BYD:1211/HK)が4.4%高。自動車販売の伸びが好感される。同社が報告した月次実績では、昨年12月の新車販売台数が前年同月比で76%増加した。うち、新エネルギー車(NEV)販売は3.3倍に拡大している。ほか、主要銘柄の値上がり率は、瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が6.2%、龍湖集団HD(ロンフォー・グループ・ホールディングス:960/HK)が2.8%、信義玻璃HD(信義ガラス:868/HK)が2.3%、阿里巴巴集団HD(アリババ・グループ・ホールディング:9988/HK)が2.3%など。



内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース