/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/04/01 16:35

中国大引:上海総合0.7%高で反発、半導体セクターに買い 無料記事

 1日の中国本土マーケットは、主要指標の上海総合指数が前日比24.42ポイント(0.71%)高の3466.33ポイントと反発した(上海A株指数は0.0.71%高の3633.33ポイント)。
 企業業績の好調が相場を支える流れ。中国で決算報告が進む中、増収増益を明らかにする企業が相次いでいる。取引時間中に公表された民間集計の財新中国製造業PMI(3月)が下振れる中、指数はマイナス圏に沈む場面がみられたものの、程なくプラス圏を回復。引けかけて上げ幅を広げた。前日公表された中国製造業PMI(国家統計局などが集計)は、予想を大きく上回っている。(亜州リサーチ編集部)
 業種別では、ハイテクの上げが目立つ。なかでも半導体関連が買われ、パワー半導体の杭州士蘭微電子(600460/SH)がストップ高、IC設計の上海韋爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)が6.5%高、LED基盤・チップ中国最大手の三安光電(600703/SH)が5.9%高、半導体の封止・検査で中国首位の江蘇長電科技(JCET:600584/SH)が3.1%高で引けた。上海市場のハイテク企業向け市場「科創板」では、ICファウンドリ中国最大手の中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK、688981/SH)が2.9%高。同社が昨日公表した通期利益は3倍に拡大し、市場予想を上回っている。上海科創50(Star50)が1.5%高と他の指数をアウトパフォームした。
 消費関連株もしっかり。ピックアップトラック・SUV生産の長城汽車(601633/SH)が7.6%高、免税店運営の中国旅遊集団中免(601888/SH)が5.2%高、家電メーカーの海爾智家(600690/SH)が3.8%高、醤油メーカーの仏山市海天調味食品(603288/SH)が3.5%高で取引を終えた。仏山市海天調味食品と海爾智家は、増収増益の決算が材料視されている。医薬品株、素材株、海運株、インフラ関連株なども物色された。
 半面、銀行株はさえない。中国郵政儲蓄銀行(601658/SH)が1.9%、上海浦東発展銀行(600000/SH)が0.9%、中国工商銀行(601398/SH)が0.7%ずつ下落した。石炭・石油株、不動産株の一角も売られている。
 外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.80ポイント(0.32%)高の245.98ポイント、深センB株指数が5.21ポイント(0.46%)高の1137.61ポイントで終了した。



内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース