/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/05/03 13:25

香港前場:ハンセン1.5%安で続落、本土はメーデー休場 無料記事

 週明け3日前場の香港マーケットは、主要55銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比424.36ポイント(1.48%)安の28300.52ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が138.38ポイント(1.28%)安の10686.87ポイントとそろって続落した。半日の売買代金は538億4700万香港ドルと低水準が続いている(4月30日前場は615億100万香港ドル)。
 中国発の新規買い材料に乏しいなか(中国市場はメーデー連休で5日まで休場)、外部環境の不透明感が嫌気される流れ。インドやブラジルなど一部新興国では、新型コロナウイルス感染が再び深刻化している。世界経済の回復が遅れると懸念された。(亜州リサーチ編集部)
 ハンセン指数の構成銘柄はほぼ全面安(55のうち50がマイナス)。通信キャリア最大手の中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)が4.0%安、金融大手グループのHSBC(5/HK)が3.4%安、生命保険業務のAIAグループ(1299/HK)が2.6%安と下げが目立った。
 セクター別では、レアアース・非鉄が安い。金川集団国際資源(2362/HK)が11.1%、江西カン鋒リ業(ガンフェン・リチウム:1772/HK)が5.0%、中国稀土HD(チャイナ・レア・アース:769/HK)が4.7%、新疆新キン鉱業(3833/HK)が4.1%、洛陽モリブデン集団(3993/HK)が2.7%、江西銅業(358/HK)が2.2%ずつ下落した。
 自動車セクターもさえない。北京汽車(1958/HK)が2.5%安、広州汽車集団(2238/HK)と東風汽車集団(489/HK)がそろって1.8%安、比亜迪(BYD:1211/HK)が1.6%安、吉利汽車HD(175/HK)が1.5%安で引けた。
 半面、オンラインゲーム関連は物色される。中手遊科技集団(302/HK)が3.1%高、心動(XD:2400/HK)が2.5%高、IGG(799/HK)が1.7%高、網龍網絡HD(ネットドラゴン・ウェブソフト:777/HK)が1.2%高で前場の取引を終えた。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース