/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/10/13 10:02

香港:台風警報「シグナル8」継続、株式市場は前場取引中止 無料記事

 台風18号(コンパス)の接近を受け、香港天文台は13日午前9時(現地時間)の時点で、台風警報「シグナル8」を維持している。天文台は本日の正午まで「シグナル8」を維持する見込みだ。
 これを受けて香港証券取引所は13日、「シグナル8」以上の台風警報発令に関する取引規定により、本日の前場の取引を中止すると発表した。警報レベル引き下げのタイミングによって、後場の取引開始の時間が変わる形となる。
 「シグナル8」以上の台風警報発令に伴う香港証取の取引レギュレーションは次の通り(時間はすべて香港現地時間)。

(1)午前7時以前に警報が解除された場合:通常通り取引を行う。
(2)午前7時〜9時の間に警報が解除された場合:プレオープニングセッションは中止。警報解除から2時間後に前場の取引を開始する。
(3)午前9時〜11時に警報が解除された場合:前場の取引は中止。午後1時に取引を再開する。
(4)午前11時〜11時30分に警報が解除された場合:前場の取引は中止。午後1時30分に取引を再開する。
(5)午前11時30分〜正午に警報が解除された場合:前場の取引は中止。午後2時に取引を再開する。
(6)正午以降に警報が解除された場合:終日取引中止とする。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース