/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/05/25 16:32

中国大引:上海総合1.2%高で反発、自動車セクターに買い 無料記事

 25日の中国本土マーケットは、主要指標の上海総合指数が前日比36.54ポイント(1.19%)高の3107.46ポイント(上海A株指数は1.19%高の3256.40ポイント)と反発した。
 中国の景気対策が改めて材料視される流れ。中国人民銀行(中央銀行)と中国銀行保険監督管理委員会は、主要金融機関と会合し、中国経済支援のため貸出を拡大するよう要請した。5月の地方債発行が過去2番目の大きさと報じられる中、公共事業の加速も期待されている。また、新型コロナウイルスの1日当たり新規感染が減少している上海市で、経済活動が正常化しつつあることもプラス。「6月1日から主要商業施設が営業再開される」と伝わった。(亜州リサーチ編集部)
 業種別では、自動車の上げが目立つ。長城汽車(601633/SH)が7.9%高、安徽江淮汽車集団(江淮汽車:600418/SH)が6.8%高、広州汽車集団(601238/SH)が2.7%高で取引を終えた。ほか、ディーラーの広匯汽車服務(600297/SH)はストップ高している。産業支援の動きを引き続き材料視。国務院常務会議では、自動車購入税を段階的に削減していく方針が確認された。
 ゼネコンや電力設備、建機などインフラ建設関連株も物色される。中国交通建設(601800/SH)が2.8%高、中国中鉄(601390/SH)が2.0%高、中国電力建設(中国電建:601669/SH)が7.3%高、三一重工(600031/SH)が1.8%高と値を上げた。
 エアライン・空港、海運・港湾の銘柄群も高い。中国国際航空(601111/SH)が6.6%、中国南方航空(600029/SH)が4.2%、上海国際機場(600009/SH)が4.1%、中遠海運特殊運輸 (600428/SH)が3.8%、寧波舟山港(601018/SH)が4.5%ずつ上昇した。
 エネルギー関連の銘柄群もしっかり。陝西煤業(601225/SH)が2.0%高、中国神華能源(601088/SH)が1.9%高、中国石油天然気(601857/SH)が2.7%高、中海油田服務(601808/SH)が4.5%高で引けた。公益株、インフラ関連株、素材株、医薬品株、不動産株、銀行株、ハイテク株なども買われた。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が4.16ポイント(1.40%)高の302.31ポイント、深センB株指数が6.22ポイント(0.58%)高の1087.68ポイントで終了した。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース