/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/04/08 10:40

続落、ハンセンは62ポイント安 無料記事

ハンセン指数          28612.45  -62.35 -0.22%
中国本土株指数(旧H株指数) 11003.93 -66.65 -0.60%
レッドチップ指数        4075.32  -4.82 -0.12%

 8日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が続落している。中国の引き締め懸念が重しとなる流れ。「中国人民銀行(中央銀行)はバブルを警戒し、市中銀行に与信を抑制するよう指導した」と伝わったことが引き続きネガティブ材料視されている。また、財政部が7日、「不動産税導入を目指す方針」を明らかにしたことも関連銘柄にとっての逆風だ。
 個別では、インターネットサービス中国最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が1.8%安。筆頭株主でオランダの電子商取引(Eコマース)会社、プロサスは7日、テンセント株を一部売り出す計画を発表した。売出価格(575.00〜595.00香港ドル)はテンセントの直近終値(7日:629.50香港ドル)に対して5.5〜8.7%のディスカウント水準に設定されている。ほか、主要銘柄の値下がり率は、龍湖集団HD(ロンフォー・グループ・ホールディングス:960/HK)が3.0%、薬明生物技術(ウーシー・バイオロジクス:2269/HK)が2.1%、美団(メイトゥアン:3690/HK)が%、が1.8%、新世界発展(ニュー・ワールド・ディベロップメント:17/HK)が1.7%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース