/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/03/22 10:38

続落、ハンセンは152ポイント安 無料記事

ハンセン指数          28838.79  -152.15 -0.52%
中国本土株指数(旧H株指数) 11270.52 -13.40 -0.12%
レッドチップ指数        4154.33  -1.10 -0.03%

 週明け22日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が続落している。新規の買い材料に乏しい中で売られる流れ。中国・香港では、主要企業の決算報告が本格化しつつあり、業績動向を見極めたいとするスタンスが漂っている。また、先週開催された米中の外交トップ会談では、安全保守や人権問題などの分野で歩み寄りがみられず、協議の次回開催予定もたっていない。米中関係の悪化も警戒された。
 なお、中国人民銀行(中央銀行)が朝方公表した事実上の貸出基準金利「ローンプライムレート(LPR)」に関しては、予想通り11カ月連続で据え置かれた。
 主要銘柄の値下がり率は、石薬集団(CSPCファーマシューティカル・グループ:1093/HK)が2.2%、創科実業(テクトロニック・インダストリーズ:669/HK)が2.1%、香港交易所(香港証券取引所:388/HK)が1.9%、HSBC(5/HK)が1.8%、阿里健康信息技術(アリババ・ヘルス・インフォメーション・テクノロジー:241/HK)が1.7%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース