/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/03/29 10:41

反落、ハンセンは76ポイント安 無料記事

ハンセン指数          28260.78  -75.65 -0.27%
中国本土株指数(旧H株指数) 10920.64 -45.42 -0.41%
レッドチップ指数        4119.18  -7.82 -0.19%

 週明け29日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が反落している。中国と西側諸国の対立が警戒される流れ。中国外交部は27日、新疆ウイグル自治区の少数民族に対する人権問題を巡り、制裁措置を打ち出した各国に対し、中国側も対抗措置を講じると発表した。米国とカナダの関係者に制裁を科す。また、26日のNY市場でADR上場する中国銘柄の一角が急落したことも不安視された。もっとも、大きく売り込む動きはみられない。内外で景気先行きが楽観されていることは支えだ。
 主要銘柄の値下がり率は、美団(メイトゥアン:3690/HK)が4.0%、申洲国際集団HD(2313/HK)が1.9%、阿里健康信息技術(アリババ・ヘルス・インフォメーション・テクノロジー:241/HK)が1.8%、安踏体育用品(ANTAスポーツ・プロダクツ:2020/HK)が1.3%、中国蒙牛乳業(チャイナ・モンニウ・デイリー:2319/HK)が1.3%など。
 一方、本日は中国の動画配信プラットフォーム大手、ビリビリ(9626/HK、BILI/NASDAQ)が香港メインボードに重複上場。公募価格を2.23%下回る790.00香港ドルで寄り付いた。その後も軟調に推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース