/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/04/29 16:24

中国大引:上海総合0.5%高で3日続伸、金融セクター上げ主導 無料記事

 29日の中国本土マーケットは、主要指標の上海総合指数が前日比17.83ポイント(0.52%)高の3474.90ポイントと3日続伸している(上海A株指数は0.52%高の3642.23ポイント)。
 企業業績の改善がプラス。主要企業の決算報告がピークを迎える中、これまでに発表された各社の業績は、増益や黒字転換など堅調なものが多くみられる状況だ。ただ、上値は限定的。今週末からメーデーの大型連休(5月1〜5日)がスタートすることや、あす30日に4月の中国製造業PMIが公表されることが買い手控え要因として意識された。(亜州リサーチ編集部)
 金融株が上げを主導する。招商銀行(600036/SH)が2.9%高、中国人寿保険(601628/SH)が2.3%高、中信証券(600030/SH)が4.0%高で引けた。生命保険事業で中国最大手の中国人寿保険が発表した四半期決算は67%増益、ブローカー最大手の中信証券は27%増益となっている。
 食品飲料株の一角もしっかり。乳製品グループ大手の内蒙古伊利実業集団(600887/SH)が7.2%高、醤油メーカー中国大手の仏山市海天調味食品(603288/SH)が2.8%高とそろって反発した。伊利実業集団が公表した20年通期決算は、小幅ながら増収増益を達成している。そのほか、不動産株、エネルギー株、インフラ関連株、海運株、半導体株なども買われた。
 半面、酒造株はさえない。山西杏花村フェン酒(600809/SH)が3.0%、貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が0.8%ずつ下落した。医薬品株、自動車株、公益株の一角も売られている。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.29ポイント(0.12%)高の250.20ポイント、深センB株指数が0.28ポイント(0.02%)高の1149.34ポイントで終了した。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース