/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/02/10 10:58

本土株:上海総合は0.3%高で3日続伸、深センB株は0.2%高 無料記事

 10日の本土マーケットは値上がり。日本時間の午前10時35分現在、主要指標の上海総合指数は前日比12.34ポイント(0.34%)高の3615.82ポイントと3日続伸している。外貨建てB株相場もしっかり。上海B株指数が0.13ポイント(0.05%)高の243.37ポイント、深センB株指数が2.24ポイント(0.20%)高の1108.96ポイントで推移している。
 人民元高の進行がプラス。10日朝方の外国為替市場では、対米ドルの人民元相場が約2年8カ月ぶりの元高水準で推移している。
 なお、朝方公表された今年1月の中国物価統計は、消費者物価指数(CPI)が下振れる一方、生産者物価指数(PPI)が上振れるなどまちまちの内容となっている。
 主要銘柄の値上がり率は、貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が2.5%、中国工商銀行(601398/SH)が2.3%、隆基緑能科技(601012/SH)が2.3%、長城汽車(601633/SH)が2.0%、紫金鉱業集団(601899/SH)が1.6%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース