/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/02/16 13:22

香港前場:ハンセン1.8%高で6日続伸、エネルギー関連に買い 無料記事

 休場明け16日前場の香港マーケットは値上がり。主要52銘柄で構成されるハンセン指数が前日比543.81ポイント(1.80%)高の30717.38ポイントと6日続伸し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が201.37ポイント(1.69%)高の12081.86ポイントと4日続伸した。「ニューエコノミー」関連で構成されるハンセン科技指数も3.4%高の10760.85ポイントと大幅に4日続伸。指数算出以来の高値を連日で塗り替えた。半日の売買代金は1195億6900万香港ドルとなっている(半日立ち合いの11日は920億8700万香港ドル)。
 海外株高で投資家のリスク選好スタンスが高まる流れ。昨夜の海外マーケットは、米市場がプレジデンツデーの祝日で休場だったが、場が開いていた欧州市場は主要株価指標が軒並み上昇した(独DAX指数は0.4%高と3日続伸し、史上最高値を更新)。また、香港が休場中の先週末12日は、米株市場でNYダウが最高値を更新し、16日の時間外取引でも続伸している。(亜州リサーチ編集部)
 石油生産・化工や掘削、石炭、天然ガスなどエネルギー関連が相場を主導。中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が10.3%高、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が8.5%高、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が8.4%高、中海油田服務(2883/HK)が8.6%高、エン州煤業(1171/HK)が3.9%高、中国神華能源(1088/HK)が3.6%高、中国中煤能源(1898/HK)が3.1%高、昆侖能源(クンルン・エナジー:135/HK)が4.9%高で引けた。原油高が追い風。16日の時間外取引では、WTI原油先物が約1年1カ月ぶりの水準で推移している。
 非鉄(レアアース)関連も高い。新疆新キン鉱業(3833/HK)が28.6%、五鉱資源(1208/HK)が13.4%、洛陽モリブデン集団(3993/HK)が11.4%、江西カン鋒リ業(ガンフェン・リチウム:1772/HK)が11.2%、江西銅業(358/HK)が10.3%、中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が8.8%、金川集団国際資源(2362/HK)が8.0%ずつ上昇した。洛陽モリブデン集団と江西カン鋒リ業は、それぞれ上場来高値を更新する。15日のロンドン金属市場(LME)では、主要産品が概ね堅調。中でも銅先物(3カ月物)は、約8年5カ月ぶりの高値を付けた。
 半導体セクターも急伸。華虹半導体(1347/HK)が6.6%高、中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)が4.5%高、ASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)が4.2%高、上海復旦微電子集団(1385/HK)が3.1%高で前場取引を終えた(華虹半導体は最高値更新)。
 映画館やチケット販売、映像制作など娯楽関連も物色される。阿里巴巴影業集団(アリババ・ピクチャーズ・グループ:1060/HK)が33.6%高、アイマックス・チャイナHD(1970/HK)が32.1%高、猫眼娯楽(マオイェン・エンターテインメント:1896/HK)が10.7%高、歓喜伝媒集団(フアンシー・メディア・グループ:1003/HK)が5.4%高と値を上げた。中国で春節(旧正月)連休(2月11〜17日)中の映画興行収入は過去最高を更新した――と報じられる。業績の上積みが期待された。
 なお春節(旧正月)により、本土市場は11日からあす17日まで休場となっている。



内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース