/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/01/14 10:55

本土株:上海総合は0.4%安で続落、深センB株は0.3%安 無料記事

 14日の本土マーケットは値下がり。日本時間の午前10時34分現在、主要指標の上海総合指数は前日比14.89ポイント(0.41%)安の3583.76ポイントと続落している。外貨建てB株相場もさえない。上海B株指数が0.29ポイント(0.12%)安の249.29ポイント、深センB株指数が2.72ポイント(0.25%)安の1098.46ポイントで推移している。
 新型コロナウイルス感染再拡大を警戒した売りが続く。中国の国家衛生健康委員会は14日、新型コロナウイルス新規感染者が13日に138人に達したと発表した。複数の地域でロックダウン(都市封鎖)が実施されている。また、昨年12月の中国貿易統計が取引時間中に公表されることもあり、様子見ムードも漂った。
 主要銘柄の値下がり率は、隆基緑能科技(601012/SH)が2.9%、中国旅遊集団中免(601888/SH)が2.4%、長城汽車(601633/SH)が2.0%、万華化学集団(600309/SH)は1.5%、隆基緑能科技(601012/SH)が2.9%、三一重工(600031/SH)が1.3%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース