/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/02/18 10:57

本土株:上海総合は1.7%高で4日続伸、深センB株は1.0%高 無料記事

 春節(旧正月)連休明け18日の本土マーケットは値上がり。日本時間の午前10時34分現在、主要指標の上海総合指数は前営業日比62.71ポイント(1.72%)高の3717.80ポイントと4日続伸している。外貨建てB株相場もしっかり。上海B株指数が1.45ポイント(0.60%)高の245.38ポイント、深センB株指数が11.44ポイント(1.01%)高の1140.63ポイントで推移している。
 連休中の海外株高が好感される流れ。原油や非鉄の市況高も、関連銘柄にとっての追い風だ。また、中国本土で春節期間中の消費が活発化したことも投資家心理を上向かせている。
 主要銘柄の値上がり率は、紫金鉱業集団(601899/SH)が10.0%、洛陽モリブデン(603993/SH)が9.9%、中国石油化工(600028/SH)が6.5%、中国石油天然気(601857/SH)が5.5%、招商銀行(600036/SH)が3.0%、中国平安保険(601318/SH)が2.5%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース