/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/02/08 10:58

本土株:上海総合は0.3%高で4日ぶり反発、深センB株も0.3%高 無料記事

 週明け8日の本土マーケットは値上がり。日本時間の午前10時分現在、主要指標の上海総合指数は前営業日比9.81ポイント(0.28%)高の3506.14ポイントと4日ぶりに反発している。外貨建てB株相場もしっかり。上海B株指数が0.40ポイント(0.17%)高の237.30ポイント、深センB株指数が3.32ポイント(0.31%)高の1075.84ポイントで推移している。
 中国景気の持ち直しが期待される流れ。輸出向け受注の伸びを背景に、春節(旧正月)期間中の工場稼働率が大幅に上昇していると伝わっている。また、上海総合指数は先週末まで3日続落する中、買い戻しも入りやすかった。
 主要銘柄の値上がり率は、長城汽車(601633/SH)が4.3%、中国旅遊集団中免(601888/SH)が3.3%、貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が2.4%、内蒙古伊利実業集団(600887/SH)が2.2%、三一重工(600031/SH)が2.0%、江蘇恒瑞医薬(600276/SH)が1.6%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース