/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/05/07 10:56

本土株:上海総合は0.1%高で反発、深センB株は0.3%高 無料記事

 7日の本土マーケットは、日本時間の午前10時36分現在、主要指標の上海総合指数は前日比3.66ポイント(0.11%)高の3444.94ポイントと3日ぶりに反発している。外貨建てB株相場もしっかり。上海B株指数が0.31ポイント(0.12%)高の248.93ポイント、深センB株指数が3.03ポイント(0.27%)高の1143.78ポイントで推移している。
 市況高が追い風。昨夜のロンドン金属取引所(LME)では、銅やアルミなど主要商品の先物が軒並み上昇した。この日の上海期貨交易所(上海商品先物取引所)でも、非鉄や鉄筋などの先物価格が堅調に推移している。中国や米国、欧州の一部などで経済活動の正常化が進む中、需要増の期待も高まる状況だ。また中国では、当局の環境対策による減産で市況が引き締まるとの見方も持続している。
 主要銘柄の値上がり率は、中国アルミ(601600/SH)が3.5%、紫金鉱業集団(601899/SH)が3.5%、杭州鋼鉄(600126/SH)が2.2%、江西銅業(600362/SH)が1.7%、洛陽モリブデン(603993/SH)が1.5%、中国神華能源(601088/SH)が1.5%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース