/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/05/10 10:54

本土株:上海総合は0.1%安で4日続落、深センB株は0.1%高 無料記事

 週明け10日の本土マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標の上海総合指数は前営業日比3.91ポイント(0.11%)安の3414.97ポイントと4日続落している。
 先週の軟調地合いを継ぐ流れ。インフレ高進や、米中対立の警戒感が依然としてくすぶっている。ただ、下値は限定的。経済回復の期待感が根強い中、景気敏感株の一角は物色されている。
 主要銘柄の値下がり率は、長城汽車(601633/SH)が3.0%、三一重工(600031/SH)が2.6%、山西杏花村フェン酒(600809/SH)が2.4%、隆基緑能科技(601012/SH)が1.6%、興業銀行(601166/SH)が1.3%など。
 一方、外貨建てB株相場はしっかり。上海B株指数が0.89ポイント(0.36%)高の249.11ポイント、深センB株指数が0.71ポイント(0.06%)高の1135.70ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース