/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/02/01 10:40

反発、ハンセンは142ポイント高 無料記事

ハンセン指数          28426.40  +142.69 +0.50%
中国本土株指数(旧H株指数) 11278.14 +69.36 +0.62%
レッドチップ指数        3895.66  +21.48 +0.55%

 週明け1日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が5日ぶりに反発している。自律反発狙いの買いが先行。先週末のマーケットでは、ハンセン指数が0.9%安と4日続落していた。本土マネーの流入継続もプラス。中国本土との相互取引スキームを通じた売買では、連日にわたり、香港株の買い越しが続いている。ただ、上値は限定的。中国景況感の悪化が嫌気されている。前日(1月31日)に公表された今年1月の中国製造業PMI(国家統計局などが集計)は、予想以上に前月から低下した。
 主要銘柄の値上がり率は、美団(メイトゥアン:3690/HK)が4.3%、騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が3.0%、申洲国際集団HD(2313/HK)が2.4%、中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)が1.6%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース