/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2020/11/13 10:42

下落、ハンセンは202ポイント安 無料記事

ハンセン指数      25967.39  -201.99 -0.77%
中国本土株指数(旧H株指数) 10468.91 -110.56 -1.05%
レッドチップ指数 3893.68 -72.13 -1.82%

 13日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が3日続落している。外部環境に不透明感。昨夜の欧米市場で、主要株価指数が軒並み下落した流れを継いだ。欧米で新型コロナウイルス感染が再加速し、経済回復の足かせになると懸念されている。米中対立の警戒感もくすぶる状況。トランプ米大統領は12日、米国の投資家が中国人民解放軍と関連のある企業に投資することを禁ずる大統領令に署名した。対象となった中国移動(941/HK)と中国聯通(762/HK)はそれぞれ5.8%安、5.3%安と急落している。
 ほか、主要銘柄の値下がり率は、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が3.6%、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が3.6%、HSBC(HSBCホールディングス:5/HK)が3.4%、恒隆地産(ハンルン・プロパティーズ:101/HK)が2.9%、九龍倉置業地産投資(ワーフ・リアル・エステート・インベストメント:1997/HK)が2.8%など。
 一方、インターネットサービス中国最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)は1.3%高。7〜9月期決算の上振れが材料視された。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース