/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/05/27 10:43

反落、ハンセンは191ポイント安 無料記事

ハンセン指数          28974.91  -191.10 -0.66%
中国本土株指数(旧H株指数) 10808.75 -46.83 -0.43%
レッドチップ指数        4140.85  -10.38 -0.25%

 27日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が3日ぶりに反落している。売り圧力が意識される流れ。ハンセン指数は前日まで急ピッチに上昇し、足もとでは約1カ月ぶりに心理的節目の29000ポイント台を回復していた。もっとも、大きく売り込む動きはみられない。中国本土に域外マネーの流入が加速するとの期待感や、人民元相場の先高観が支えとなっている。
 主要銘柄の値下がり率は、中国銀行(バンク・オブ・チャイナ:3988/HK)が7.3%、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が2.0%、中国蒙牛乳業(チャイナ・モンニウ・デイリー:2319/HK)が1.8%、碧桂園HD(カントリー・ガーデン・ホールディングス:2007/HK)が1.6%、海底撈国際HD(ハイディラオ・インターナショナル・ホールディング:6862/HK)が1.6%など。
 一方、スマートフォン大手の小米集団(シャオミ・コーポレーション:1810/HK)は4.1%高。同社が昨日引け後に公表した1〜3月期決算は、純利益が前年同期比3.6倍に拡大し、市場予想を上回った。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース