/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/03/19 10:54

本土株:上海総合は1.2%安で反落、深センB株は0.9%安 無料記事

 19日の本土マーケットは値下がり。日本時間の午前10時33分現在、主要指標の上海総合指数は前日比39.91ポイント(1.15%)安の3423.16ポイントと反落している。外貨建てB株相場もさえない。上海B株指数が1.34ポイント(0.55%)安の243.18ポイント、深センB株指数が9.50ポイント(0.85%)安の1109.17ポイントで推移している。
 投資家の慎重スタンスが強まる流れ。米中会談の成り行きが不安視された。米中の外交トップは18日午後(日本時間19日午前)に始まり、19日まで2日間の日程で開かれる。中国側は対中強硬路線の見直しを求める構えだが、これまでの報道では難航が予想されている。
 主要銘柄の値下がり率は、中海油田服務(601808/SH)が6.0%、万華化学集団(600309/SH)が4.8%、薬明康徳(603259/SH)が4.4%、長城汽車(601633/SH)が3.1%、中国石油化工(600028/SH)が2.7%、貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が2.1%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース