/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/02/09 10:57

本土株:上海総合は0.1%高で続伸、深センB株も0.2%高 無料記事

 9日の本土マーケットは小幅に値上がり。日本時間の午前10時34分現在、主要指標の上海総合指数は前日比3.45ポイント(0.10%)高の3535.90ポイントと続伸している。外貨建てB株相場もしっかり。上海B株指数が0.01ポイント(0.00%)高の239.74ポイント、深センB株指数が2.40ポイント(0.22%)高の1085.19ポイントで推移している。
 前日の好地合いを継ぐ流れ。原油や非鉄の市況高や、米株高値更新が投資家心理を上向かせている。ただ、国内初の新規材料に乏しい中、上値は重い。今週スタートする春節(旧正月)により、本土市場は11日から17日まで休場となる。様子見ムードも漂った。
 主要銘柄の値上がり率は、恒力石化 (600346/SH)が5.9%、紫金鉱業集団(601899/SH)が3.6%、江西銅業(600362/SH)が3.4%、洛陽モリブデン(603993/SH)が2.6%、万華化学集団(600309/SH)が2.4%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース