/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/04/07 11:01

本土株:上海総合は0.4%安で続落、深センB株は0.02%安 無料記事

 7日の本土マーケットは値下がり。日本時間の午前10時37分現在、主要指標の上海総合指数は前日比14.61ポイント(0.42%)安の3468.36ポイントと続落している。一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が0.02ポイント(0.01%)高の246.40ポイント、深センB株指数が0.28ポイント(0.02%)安の1142.31ポイントで推移している。
 前日の軟調地合いを継ぐ。中国人民銀行(中央銀行)は6日、リバースレポ取引により100億人民元を市中に供給したが、満期到来分との差引では100億人民元の吸収超だった。7日朝方は、差引でゼロとなっている。英メディアは5日、「人民銀がバブルを警戒し、市中銀行に与信を抑制するよう要請した」と関係者の話として報じた。
 主要銘柄の値下がり率は、隆基緑能科技(601012/SH)が2.6%、三安光電(600703/SH)が2.1%、長城汽車(601633/SH)が2.0%、三一重工(600031/SH)が1.9%、仏山市海天調味食品(603288/SH)が1.8%、安徽海螺セメント(600585/SH)が1.3%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース