/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/05/25 10:59

本土株:上海総合は0.2%高で続伸、深センB株は0.1%高 無料記事

 25日の本土マーケットは、日本時間の午前10時35分現在、主要指標の上海総合指数が前日比8.19ポイント(0.23%)高の3505.47ポイントと続伸している。
 過度のインフレ懸念が後退。当局がコモディティ価格の抑制方針を打ち出す中、商品相場の高騰は落ち着いている。人民元高進行もプラス。中国人民銀行(中央銀行)は朝方、人民元レートの対米ドル基準値を再び元高方向に設定した。上海外国為替市場でも元高が進み、2018年6月以来の水準で推移している。海外マネーの流入が期待される状況だ。
 主要銘柄の値上がり率は、薬明康徳(603259/SH)が2.3%、貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が2.0%、招商証券(600999/SH)が1.7%、中国石油天然気(601857/SH)が1.5%、上海韋爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)が1.3%、仏山市海天調味食品(603288/SH)が1.1%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.08ポイント(0.03%)高の247.90ポイント、深センB株指数が1.05ポイント(0.09%)高の1147.12ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース