/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/02/02 10:56

本土株:上海総合は0.1%高で続伸、深センB株は0.6%高 無料記事

 2日の本土マーケットは値上がり。日本時間の午前10時34分現在、主要指標の上海総合指数は前日比2.80ポイント(0.08%)高の3508.09ポイントと続伸している。一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が1.20ポイント(0.50%)安の238.71ポイント、深センB株指数が6.55ポイント(0.61%)高の1075.83ポイントで推移している。
 中国人民銀行(中央銀行)の資金供給が支えとなる流れ。人民銀が朝方に実施した公開市場操作(レポ)では、リバースレポ取引により800億人民元が市中に供給されている。満期到来分との差引では、780億人民元の供給超だった。供給超は3営業日連続となる。
 主要銘柄の値上がり率は、上海韋爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)が2.4%、長城汽車(601633/SH)が1.8%、三一重工(600031/SH)が1.8%、中国旅遊集団中免(601888/SH)が1.4%、江蘇恒瑞医薬(600276/SH)が1.2%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース