/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/08/25 11:06

本土株:上海総合は0.1%高で続伸、深センB株は0.3%高 無料記事

 25日の本土マーケットは、日本時間の午前10時39分現在、主要指標の上海総合指数が前日比2.23ポイント(0.06%)高の3516.70ポイントと3日続伸している。
 中国の景気テコ入れ策に対する期待感が相場を支える流れ。中国人民銀行(中央銀行)の易綱・総裁は23日夜、「与信を安定させ、実体経済と中小企業を支える」と表明した。また、市場関係者の一部では、人民銀が第4四半期(10〜12月)にも追加の預金準備率引き下げに踏み切ると予測されている。新規の買い材料に乏しい中、指数は小安くスタートしたが、下値は堅く、ほどなくプラスに転じた。
 主要銘柄の値上がり率は、中国冶金科工(601618/SH)が5.8%、隆基緑能科技(601012/SH)が3.1%、貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が3.0%、中遠海運HD(601919/SH)が2.7%、仏山市海天調味食品(603288/SH)が2.2%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.65ポイント(0.24%)高の265.04ポイント、深センB株指数が3.53ポイント(0.29%)高の1209.3ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース