/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/08/27 10:38

まちまち、ハンセンは73ポイント安 無料記事

ハンセン指数          25343.10  -72.59 -0.29%
中国本土株指数(旧H株指数) 8946.00 +8.71 +0.10%
レッドチップ指数        3834.43  +33.81 +0.89%

 27日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が小幅ながら3日続落している。外部環境の不透明感が重し。アフガニスタンを巡る地政学リスクが浮上したほか、米国の早期緩和縮小が警戒された。もっとも、下値は限定的。中国の景気テコ入れ策に対する期待感が支えだ。中国人民銀行(中央銀行)は足もとで、リバースレポを通じた資金供給を強化している。また、商務部は26日、新型コロナウイルス感染流行で苦境に陥った貿易やホテル、小売などの事業者に向けた追加の支援策を打ち出した。
 主要銘柄の値下がり率は、申洲国際集団HD(2313/HK)が3.0%、薬明生物技術(ウーシー・バイオロジクス:2269/HK)が2.5%、安踏体育用品(ANTAスポーツ・プロダクツ:2020/HK)が2.3%、阿里巴巴集団HD(アリババ・グループ・ホールディング:9988/HK)が1.5%、銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が1.4%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース