/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/07/05 10:57

本土株:上海総合は0.2%高で反発、上海B株は0.9%高 無料記事

 週明け5日の本土マーケットは、日本時間の午前10時34分現在、主要指標の上海総合指数が前営業日比6.41ポイント(0.18%)高の3525.17ポイントと3日ぶりに反発している。
 安寄り後に買われる流れ。値ごろ感が着目される。先週末の本土市場では、上海総合指数が2.0%安と大幅続落し、約2週ぶりの安値水準に落ち込んでいた。
 主要銘柄の値上がり率は、上海国際港務(600018/SH)が4.9%、杭州士蘭微電子(600460/SH)が3.7%、上海韋爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)が3.0%、山西杏花村フェン酒(600809/SH)が2.3%、万華化学集団(600309/SH)が1.9%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が2.33ポイント(0.92%)高の255.70ポイント、深センB株指数が3.49ポイント(0.29%)高の1199.24ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース