/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/09/17 11:05

本土株:上海総合は0.3%高で反発、上海B株は0.1%高 無料記事

 17日の本土マーケットは、日本時間の午前10時39分現在、主要指標の上海総合指数が前日比10.36ポイント(0.29%)高の3617.45ポイントと4日ぶりに反発している。
 中国経済対策の期待感が高まる流れ。中国の劉鶴・副首相は16日、広州市で開催されたフォーラムで「民営企業の健全な発展を促すため、支援を続けていく方針に変わりはない」と改めて強調している。足もとの経済指標下振れを受け、市場では「当局は一段の景気テコ入れ策を打ち出す」との期待が根強い状況だ。
 主要銘柄の値上がり率は、華能国際電力(600011/SH)が4.9%、長城汽車(601633/SH)が3.5%、中国船舶工業(600150/SH)が3.0%、エン州煤業(600188/SH)が2.9%、安徽海螺セメント(600585/SH)が1.9%、中国アルミ(601600/SH)が1.8%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.39ポイント(0.14%)高の275.35ポイント、深センB株指数が1.90ポイント(0.16%)安の1197.01ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース