/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/09/13 10:59

本土株:上海総合は0.2%高で3日続伸、深センB株は0.1%高 無料記事

 週明け13日の本土マーケットは、日本時間の午前10時37分現在、主要指標の上海総合指数が前営業日比8.74ポイント(0.24%)高の3711.86ポイントと3日続伸している。
 指標下振れで経済対策の期待感が強まる流れ。中国人民銀行(中央銀行)が10日に発表した金融統計では、8月の人民元建て新規融資とマネーサプライ(通貨供給量)M2が予想を下回った。嫌気する売りが先行したものの、「当局は景気テコ入れ策を強める」との観測も根強く、指数はほどなくプラスに転じている。
 主要銘柄の値上がり率は、国電南瑞(600406/SH)が3.6%、上海復星医薬集団(600196/SH)が3.4%、安徽海螺セメント(600585/SH)が3.2%、中国石油化工(600028/SH)が1.5%、中国人寿保険(601628/SH)が1.3%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.34ポイント(0.12%)安の276.96ポイント、深センB株指数が1.12ポイント(0.09%)高の1247.95ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース