/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/08/27 10:57

本土株:上海総合は0.2%高で反発、深センB株は0.1%高 無料記事

 27日の本土マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標の上海総合指数が前日比5.80ポイント(0.17%)高の3507.46ポイントと反発している。
 中国の景気テコ入れ策に対する期待感が支え。中国人民銀行(中央銀行)は足もとで、リバースレポを通じた資金供給を強化している。また、商務部は26日、新型コロナウイルス感染流行で苦境に陥った貿易やホテル、小売などの事業者に向けた追加の支援策を打ち出した。外部環境の不透明感などで売り先行したものの、下値は堅く、上海総合指数はほどなくプラスに転じている。
 主要銘柄の値上がり率は、中国北方稀土(600111/SH)が6.1%、隆基緑能科技(601012/SH)が2.7%、上海汽車集団(600104/SH)が2.4%、中国平安保険(601318/SH)が2.2%、中国石油天然気(601857/SH)が1.3%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.09ポイント(0.03%)安の262.99ポイント、深センB株指数が1.11ポイント(0.09%)高の1211.75ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース