/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/05/31 11:01

本土株:上海総合は0.5%安で続落、上海B株は0.2%安 無料記事

 週明け31日の本土マーケットは、日本時間の午前10時39分現在、主要指標の上海総合指数が前営業日比16.33ポイント(0.45%)安の3584.46ポイントと続落している。
 新規の買い材料に乏しい中、新型コロナウイルス感染再拡大の警戒感が再燃。中国南部の中核都市、広東省広州市は29日、感染力の強い新型コロナウイルス変異種の感染者が増加していることを受け、中心部でロックダウン(都市封鎖)措置を導入した。もっとも、下値を叩くような売りはみられない。中国ではワクチン接種のペースが加速していることもあり、経済回復の期待は続いている。
 主要銘柄の値下がり率は、長城汽車(601633/SH)が4.1%、中国旅遊集団中免(601888/SH)が2.7%、貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が2.0%、中国人寿保険(601628/SH)が1.7%、招商銀行(600036/SH)が1.6%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.54ポイント(0.22%)安の249.33ポイント、深センB株指数が0.86ポイント(0.07%)高の1154.57ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース