/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/12/30 11:01

本土株:上海総合は0.2%高で反発、上海B株は0.3%高 無料記事

 30日の本土マーケットは、日本時間の午前10時39分現在、主要指標の上海総合指数が前日比7.36ポイント(0.20%)高の3604.36ポイントと反発している。
 中国経済対策の期待感が相場を支える流れ。国内景気の鈍化懸念がくすぶる中、当局は景気対策を強めるとの見方が根強い状況だ。国営メディアは29日、中国政府は一部の個人所得税減税を2年間延長する――と報じている。
 主要銘柄の値上がり率は、華能国際電力(600011/SH)が2.0%、聞泰科技(ウイングテック・テクノロジー:600745/SH)が1.8%、国電南瑞科技(600406/SH)が1.5%、三六零安全科技(601360/SH)が1.5%、用友網絡科技(600588/SH)が1.2%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.79ポイント(0.28%)高の283.90ポイント、深センB株指数が1.80ポイント(0.15%)安の1165.07ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース