/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/09/01 11:01

本土株:上海総合は0.1%高で続伸、深センB株も0.1%高 無料記事

 1日の本土マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標の上海総合指数が前日比2.03ポイント(0.06%)高の3545.97ポイントと小幅ながら4日続伸している。
 中国の経済対策を期待した買いが続く。足もとの景況感悪化を受け、「当局は景気落ち込みを回避するため、テコ入れ策を強める」との思惑が広がっている。ただ、上値は重い。具体的な政策が打ち出されたわけでもなく、いったん様子見のムードも漂っている。
 主要銘柄の値上がり率は、国電南瑞科技(600406/SH)が5.3%、中国冶金科工(601618/SH)が4.2%、中国北方稀土(600111/SH)が3.4%、中国中鉄(601390/SH)が3.0%、中国神華能源(601088/SH)が2.0%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.18ポイント(0.07%)高の267.05ポイント、深センB株指数が1.49ポイント(0.12%)高の1200.98ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース