/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/06/04 10:54

本土株:上海総合は0.5%安で3日続落、上海B株は0.4%安 無料記事

 4日の本土マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標の上海総合指数が前日比17.69ポイント(0.49%)安の3566.52ポイントと3日続落している。
 米中関係の悪化懸念が再燃。バイデン米大統領は3日、トランプ前政権が実施した中国企業への投資禁止措置を修正(拡大)する大統領令に署名した。また、重要経済指標の発表を来週に控え(7日に5月の貿易統計、9日に同月の物価統計など)、様子見ムードも漂っている。
 主要銘柄の値下がり率は、紫金鉱業集団(601899/SH)が4.8%、上海国際港務(600018/SH)が3.9%、上海復星医薬集団(600196/SH)が3.4%、三一重工(600031/SH)が1.6%、中国神華能源(601088/SH)が1.6%、長城汽車(601633/SH)が1.4%、中国石油天然気(601857/SH)が1.1%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.96ポイント(0.37%)安の255.85ポイント、深センB株指数が0.73ポイント(0.06%)高の1169.50ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース