/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/07/19 10:56

本土株:上海総合は0.4%安で続落、上海B株は0.2%安 無料記事

週明け19日の本土マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標の上海総合指数が前営業日比12.55ポイント(0.35%)安の3526.76ポイントと続落している。
 米中対立の激化を警戒。バイデン米政権は16日、香港国家安全維持法(国安法)が香港で事業展開する外国企業に悪影響を及ぼすると警告した。また、米政権は、オランダ半導体製造設備大手ASMLが中国に最先端 EUV(極端紫外線)露光装置を売却することを阻止する意向だとも伝わっている。また、世界的な新型コロナウイルス感染再拡大も不安材料として意識された。
 主要銘柄の値下がり率は、長城汽車(601633/SH)が5.8%、中遠海運HD(601919/SH)が4.5%、仏山市海天調味食品(603288/SH)が3.3%、中国旅遊集団中免(601888/SH)が1.7%、招商銀行(600036/SH)が1.7%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が0.44ポイント(0.16%)安の265.05ポイント、深センB株指数が0.81ポイント(0.81%)高の1228.23ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース