/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/09/06 10:47

反発、ハンセンは27ポイント高 無料記事

ハンセン指数          25928.88  +26.89 +0.10%
中国本土株指数(旧H株指数) 9298.11 +6.40 +0.07%
レッドチップ指数        4022.60  +24.01 +0.60%

 週明け6日の香港マーケットは、日本時間の午前10時34分現在、主要指標のハンセン指数が反発している。米金融緩和の長期化観測が支え。米雇用指標が大幅に下回る中、金融当局が早期にテーパリング(量的緩和の縮小)を開始するとの警戒感がやや後退している。もっとも、上値は限定的。中国の産業締め付けが不安視され、指数は安くスタートしている。
 主要銘柄の値上がり率は、騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が2.3%、比亜迪(BYD:1211/HK)が1.8%、銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が1.7%、金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が1.6%、中国海外発展(チャイナ・オーバーシーズランド:688/HK)が1.3%など。
 一方、ハンセン指数に本日付で新規採用された銘柄群はまちまち。ガラス生産の信義玻璃HD(信義ガラス:868/HK)が1.6%高、スポーツ用品中国大手の李寧(リーニン:2331/HK)が0.9%安、資産総額で国内6位の招商銀行(3968/HK)が0.8%安で推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース