/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/09/09 11:02

本土株:上海総合は0.2%安で続落、上海B株は0.4%安 無料記事

 9日の本土マーケットは、日本時間の午前10時34分現在、主要指標の上海総合指数が前日比6.58ポイント(0.18%)安の3668.61ポイントと続落している。
 投資家心理がやや悪化する流れ。中国では、落ち着いたとみられていた産業締め付けの動きが再び強まっている。また、朝方公表された8月の中国物価統計で、生産者物価指数(PPI)が市場予想を上回り、約13年ぶりの高水準を記録する中、卸売物価の高騰が実体経済に悪影響を及ぼすとの見方も一部で広がった。
 主要銘柄の値下がり率は、中国人寿保険(601628/SH)が7.2%、中国電力建設(中国電建:601669/SH)が3.7%、海通証券(600837/SH)が1.6%、上海国際港務集団(600018/SH)が1.6%、中信建投証券 (601066/SH)が1.5%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が1.21ポイント(0.44%)安の274.96ポイント、深センB株指数が1.09ポイント(0.09%)安の1244.94ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース