/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2021/11/11 10:42

反落、ハンセンは93ポイント安 無料記事

ハンセン指数          24902.95  -93.19 -0.37%
中国本土株指数(旧H株指数) 8870.86 -40.12 -0.45%
レッドチップ指数        3772.31  +12.34 +0.33%

 11日の香港マーケットは、日本時間の午前10時34分現在、主要指標のハンセン指数が3日ぶりに反落している。世界的なインフレ高進が懸念される流れ。中国と同様に、米国でも物価統計が上振れた。10月の米CPI(消費者物価指数)は前年同月比で6.2%上昇し、市場予想(5.8%)を大幅に上回った。上昇率はおよそ31年ぶりの高い水準となり、米長期金利も急上昇している。昨夜の米株が大幅続落した流れを継いだ。
 個別では、騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が2.6%安。同社が昨日引け後に報告した7〜9月期決算では、売上高が市場予想を下振れ、上場来で最も低い伸びとなった。
 ほか主要銘柄の値下がり率は、百威亜太HD(バドワイザーAPAC:1876/HK)が2.4%、創科実業(テクトロニック・インダストリーズ:669/HK)が2.0%、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が1.7%、美団(メイトゥアン:3690/HK)が1.4%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース