/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/03/04 10:58

本土株:上海総合は1.1%安で続落、上海B株は0.4%安 無料記事

 4日の本土マーケットは、日本時間の午前10時35分現在、主要指標の上海総合指数が前日比37.22ポイント(1.07%)安の3443.89ポイントと3日続落している。
 ウクライナ情勢の緊迫化が不安視される流れ。「ロシア軍は4日午前(日本時間)、ウクライナにある欧州最大の原子力発電所を砲撃した」と伝わった。西側諸国とロシアの対立激化は必至とみられ、世界経済の混乱も懸念されている。
 主要銘柄の値下がり率は、中国石油天然気(601857/SH)が2.5%、中遠海運HD(601919/SH)が2.4%、中国人寿保険(601628/SH)が1.7%、貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が1.6%、招商銀行(600036/SH)が1.6%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が1.06ポイント(0.38%)安の278.60ポイント、深センB株指数が3.29ポイント(0.29%)安の1136.57ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース