/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/03/16 11:00

本土株:上海総合は0.8%高で反発、深センB株は1.4%高 無料記事

 16日の本土マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標の上海総合指数が前日比24.68ポイント(0.81%)高の3088.64ポイントと3日ぶりに反発している。
 自律反発狙いの買いが先行する流れ。昨日の上海総合指数は5.0%安と大幅続落し、足もとでは1年8カ月ぶりの安値水準に落ち込んでいた。ただ、上値は限定的。中国で新型コロナウイルス感染が広がる中、国内景気の鈍化懸念がくすぶっている。指数は寄り付き後、上げ幅を縮小させた。
 主要銘柄の値上がり率は、中国国際航空(601111/SH)が8.6%、薬明康徳(603259/SH)が3.3%、中遠海運HD(601919/SH)が2.9%、招商銀行(600036/SH)が2.3%、中国旅遊集団中免(601888/SH)が2.2%など。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が3.67ポイント(1.40%)高の266.26ポイント、深センB株指数が13.39ポイント(1.36%)高の1000.64ポイントで推移している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース