/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/09/30 10:45

反発、ハンセンは83ポイント高 無料記事

ハンセン指数          17249.31 +83.44 +0.49%
中国本土株指数(旧H株指数) 5935.22 +22.97 +0.39%
レッドチップ指数        3330.88 +11.23 +0.34%

 30日の香港マーケットは、日本時間の午前10時34分現在、主要指標のハンセン指数が3日ぶりに反発している。このところの急ピッチな下落で値ごろ感が意識されたほか、中国の景気テコ入れ策に対する期待感も相場を下支えした。中国人民銀行(中央銀行)は金融支援のスタンスを強めている。人民銀と中国銀行監督管理委員会は29日、一部の住宅ローン金利を段階的に引き下げると連名で発表した。寄り付き直後に公表された9月の中国製造業PMIは50.1で着地した。予想(49.7)以上に8月(49.4)から改善している(一方、非製造業PMIは前月の52.6→50.6に低下)。
 主要銘柄の値上がり率は、中国宏橋集団(チャイナ・ホンチョオ・グループ:1378/HK)が3.1%、碧桂園HD(カントリー・ガーデン・ホールディングス:2007/HK)が3.0%、聯想集団(レノボ・グループ:992/HK)が2.4%、(ピンアン・インシュアランス(グループ)チャイナ:2318/HK)が2.2%、招商銀行(チャイナ・マーチャンツ・バンク:3968/HK)が2.0%など。




内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース