/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/11/10 10:39

続落、ハンセンは314ポイント安 無料記事

ハンセン指数          16044.26 -314.26 -1.92%
中国本土株指数(旧H株指数) 5417.44 -117.32 -2.12%
レッドチップ指数        3132.68 -49.12 -1.54%

 10日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が3日続落している。内外環境の不透明感が重しとなる流れ。外部的には、10日に公表される10月の米消費者物価指数(CPI)が気がかりだ。インフレ動向によっては、米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めが強まる恐れもある。中国国内では、新型コロナウイルスの感染拡大が不安材料。国内の新規感染者数は、連日で半年ぶりの高水準を更新している。当局は新型コロナ感染を徹底的に封じ込める「ゼロコロナ」政策を堅持しているだけに、行動抑制などの防疫措置も各地で強化された。
 主要銘柄の値下がり率は、中国宏橋集団(チャイナ・ホンチョオ・グループ:1378/HK)が8.2%、李寧(リーニン:2331/HK)が4.9%、海底撈国際HD(ハイディラオ・インターナショナル・ホールディング:6862/HK)が4.5%、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が3.9%、京東集団(JDドットコム:9618/HK)が3.9%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース