/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/03/15 10:41

大幅続落、ハンセンは793ポイント安 無料記事

ハンセン指数          18739.09 -792.57 -4.06%
中国本土株指数(旧H株指数) 6239.53 -316.02  -4.82%
レッドチップ指数        3563.00 -157.86 -4.24%

 15日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が大幅に3日続落している。内外の不安材料で投資家心理が冷え込む流れ。中国の新型コロナウイルス感染再拡大や、米中対立の悪化が警戒された。感染が全国的に広がる中国本土では、代表的なハイテク企業が本社を構える深セン市など、複数の大都市が事実上のロックダウンに踏み切っている。米中関係を巡っては、両国の高官が14日にローマで会談し、米国側は中国に「ロシアとの友好関係に強い懸念を抱いている」と伝えた。「中国がロシアを支援すれば経済制裁を科す」とも警告している。米株市場では、中国テクノロジー企業で構成される上場投資信託(ETF)が11.7%安と急落し、13年に上場して以来の安値で引けた。
 ハンセン指数の構成銘柄は全面安で推移している。主要銘柄の値下がり率は、碧桂園服務HD(カントリー・ガーデン・サービシズ・ホールディングス:6098/HK)が10.8%、阿里巴巴集団HD(アリババ・グループ・ホールディング:9988/HK)が8.8%、海底撈国際HD(ハイディラオ・インターナショナル・ホールディング:6862/HK)が8.4%、京東集団(JDドットコム:9618/HK)が7.6%、安踏体育用品(ANTAスポーツ・プロダクツ:2020/HK)が7.6%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース