/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2022/11/23 16:25

中国大引:上海総合0.3%高で続伸、コロナ感染拡大で上値は限定 無料記事

 23日の中国本土マーケットは、主要指標の上海総合指数が前日比7.96ポイント(0.26%)高の3096.91ポイントと続伸した。
 前日の好地合いを継ぐ流れ。当局の景気テコ入れ策に対する期待感が引き続き支えになっている。米長期金利の低下や、原油相場の上昇も相場を後押しした。ただ、指数は安く推移する場面もみられている。止まらない新型コロナウイルス感染拡大がネガティブ材料だ。感染者が増加した地域では行動抑制が強化され、経済活動の停滞が危惧されている。早期のリオープン(経済再開)に対する期待も後退した。(亜州リサーチ編集部)
 業種別では、ゼネコンや電力設備などインフラ関連の上げが目立つ。中国交通建設(601800/SH)がストップ(10.0%)高、中国中鉄(601390/SH)が5.9%高、中国電力建設(601669/SH)が3.2%高、国電南瑞科技(600406/SH)が2.1%高で引けた。産業支援の動きが引き続き支援材料。インフラ投資支援のため、金融当局は21日、国内銀行に中長期融資を拡大するよう要請した。
 エネルギー株も高い。中国神華能源(601088/SH)が2.7%、中国中煤能源(601898/SH)が2.4%、中国石油化工(600028/SH)が1.9%、中国石油天然気(601857/SH)が1.4%ずつ上昇した。金融株、公益株、素材株、運輸株、半導体株なども買われている。
 半面、医薬品株は安い。上海復星医薬集団(600196/SH)が3.5%、上海医薬集団(601607/SH)が2.3%、薬明康徳(603259/SH)が2.1%、江蘇恒瑞医薬(600276/SH)が1.1%ずつ下落した。自動車株、不動産株、メディア関連株、酒造・食品株の一角も売られている。
 一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が1.24ポイント(0.43%)高の289.31ポイント、深センB株指数が1.18ポイント(0.10%)安の1124.33ポイントで終了した。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース