/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2020/11/06 10:44

小動き、ハンセンは9ポイント高 無料記事

ハンセン指数      25704.84  +8.92 +0.03%
中国本土株指数(旧H株指数) 10471.67 -7.17 -0.07%
レッドチップ指数 3775.29 +9.47 +0.25%

 6日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が小幅ながら続伸している。米中関係の改善期待が支え。米大統領選で野党・民主党のバイデン前副大統領が優勢と伝わる中、同氏の政策スタンスにより、ハイテク企業締め付けや米中通商対立が緩和されるとの観測が流れている。ただ、上値は重い。指数は前日の上昇が急ピッチだったこともあり、売り圧力も意識されている。
 主要銘柄の値上がり率は、舜宇光学科技(2382/HK)が2.3%、瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が1.9%、申洲国際集団HD(2313/HK)が1.9%、碧桂園HD(カントリー・ガーデン・ホールディングス:2007/HK)が1.8%、金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が1.7%など。
 一方、電子商取引(Eコマース)中国最大手の阿里巴巴集団HD(アリババ・グループ・ホールディング:9988/HK)は3.3%安。同社が5日引け後に報告した7〜9月期決算は予想を上回ったものの、好感する買いは限定された。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース