/ 詳細
検索 (期間指定)
期間

2020/11/02 10:41

反発、ハンセンは218ポイント高 無料記事

ハンセン指数      24325.83  +218.41 +0.91%
中国本土株指数(旧H株指数) 9855.87 +95.63 +0.98%
レッドチップ指数 3562.82 +25.84 +0.73%

 週明け2日の香港マーケットは、日本時間の午前10時34分現在、主要指標のハンセン指数が5日ぶりに反発している。自律反発狙いの買いが先行。ハンセン指数は先週10月30日、後場に下げ足を速め2.0%安と急落し、約3週半ぶりの安値水準に落ち込んでいた。また、10月の中国製造業PMI(国家統計局などが集計・公表)が週末31日に発表され、前月実績(51.5)をやや下回る51.4となったものの、市場予想(51.3)ほど低下しなかったことも買い安心感につながった。もっとも、上値を買い進む動きは限定的。欧米で新型コロナウイルス感染再流行に歯止めがかからない中、世界経済の先行き不安も漂っている。
 主要銘柄の値上がり率は、創科実業(テクトロニック・インダストリーズ:669/HK)が3.7%、吉利汽車HD(ジーリー・オートモービル・ホールディングス:175/HK)が3.0%、銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が1.9%、中国工商銀行(1398/HK)が1.8%、中国蒙牛乳業(チャイナ・モンニウ・デイリー:2319/HK)が1.8%など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース同じカテゴリーのニュース